外反母趾の原因とは?初心者が知っておきたい正しい靴の選び方や履き方などを解説

外反母趾は痛みを伴なうこともあり、多くの人が悩んでいます。初心者はまずはなぜ外反母趾になるのか、その原因を知っておきましょう。人それぞれ原因は違いますが、まずは遺伝的な要因が考えられます。遺伝的な要因以外では、間違った靴の選び方も考えられます。つま先の細い靴やかかとの高いタイプを長く着用していると、足の骨格や筋肉にも歪みが出てきます。足の形や大きさに合わない靴を選ぶことは、悪化の要素になるのでサイズはしっかり確認しましょう。購入前には、実際に履いて歩行で違和感のないものを選ぶことも大切です。

外反母趾の主な原因は靴以外にもある?

外反母趾は先のとがった靴などが原因だと言われていますが、歩き方が大きな要因になっていることもあります。どのような歩き方が良くないのかというと、まずペタペタ歩くことです。正しい歩き方は、着地をかかとから徐々につま先方向に移動していくのですが、この歩き方は足裏全体を同時に着地させてしまうことを言います。そのことから足裏の筋肉や足の指を使わない歩き方なので、足裏の筋肉を低下させ外反母趾のリスクを高めてしまうリスクがあります。正常な歩き方を意識しすぎて、踵重心で歩いてしまうことも注意が必要です。踵重心で歩いてしまうと、逆に胸を反りすぎて重心が後ろのまま歩行を続けてしまうことになります。重心が後ろになりすぎてしまうと、足の指の筋肉を上手く使うことができなくなってしまうので、結果的にペタペタ歩きと同じようになってしまいます。外反母趾になりたくないのであれば、3点歩行を意識することが大切です。かかとと前足部、つま先の3つを意識して歩くようにしましょう。

外反母趾はハイヒールの靴を履く機会が多い女性だけの問題じゃない?

外反母趾と聞くとハイヒールを履く女子になる症状とイメージする人は多くいますが、単純に問題はそれだけではないという点も理解しておく事が大切です。もちろん外反母趾自体は高いハイヒールを使用することで起こる症状でもありますが、遺伝的な内容も関係している事があります。ヒール使用しない女性や男性であっても、場合によっては症状が出る事もあります。使用している靴が影響しているケースも多く、かかと分が高いヒールだけでなく足の指の部分が狭いタイプでも注意が必要です。足の指の部分に過度の圧力がかかるタイプのシューズは、形状を変形させる事があり外反母趾になるリスクが高くなります。他には姿勢や人それぞれ異なる足の構造が影響している場合もあり、柔軟性や足底の曲線部分など身体的な特徴とから発症する場合も可能性として考慮すべきポイントです。症状を抑えたり悪化させないためには、適切な靴を選び足の健康を考える事が重要といえます。

外反母趾はハイヒールの靴を履かない男性や子供にも起こりうる足の変形

女性の場合は仕事だけでなくプライベートのファッションとして、ハイヒールを利用する人は多くいます。結果的に足に与える圧迫などによって、外反母趾が発症する人は多くなる原因の1つです。ただし女子だけでなく男性や子供でも発症する可能性があり、外反母趾自体は足の変形に繋がる症状といえます。実際に男性や子供でも発症してしまう理由として、遺伝的な問題や足自体の形状が大きく関係してくるポイントです。家族歴によって発症するケースがあり、親だけでなく祖父母から遺伝する可能性があります。自身の足の形状からくるだけでなく、普段使用している靴のデザインやサイズが影響しているケースも多いです。特にシューズの先部分の幅が細いタイプの靴は、使用している中で圧迫し変形させる原因となります。他には年齢も関係していおり、加齢にともなる原因により男性でも外反母趾になるケースもあります。遺伝や足の形状の他に普段使用するシューズのデザインなど、様々な要因があると把握する事が大切です。

外反母趾だからといって大きめの靴を選ぶのもよくない

親指が当たって歩きにくいから、ワンサイズ大きめの靴を選ぶという方も少なくありません。しかし外反母趾の症状を改善したいのであれば、大きめの靴を選ばない方が良いです。窮屈なシューズを履くことで、外反母趾の症状が悪化するというイメージを持ちがちですが一方で大きすぎても弊害があります。外反母趾の特徴として、足幅が横に広がる状態が挙げられます。フィットしていなくて大きすぎる場合、さらに横に広がって症状が進行してしまうためサイズ選びが重要という訳です。 フィット感があって、なおかつかかとで履くことにより改善が見込めます。横に広がるのを防止する上に、かかとで踏み込んでつま先で地面を蹴るという正しい歩き方を実践するのに大切だからです。反対に小さすぎるサイズの場合、かかとは問題なくてもつま先に弊害が出るケースがあります。開くのが防止できても、今度は親指が浮いてしまって足の裏の筋肉が衰えてしまい症状の進行に繋がってしまいます。

靴選びの前にチェックしておきたい外反母趾の状態

体質によってもかなり個人差が出てきますが、足の出っ張っている骨の部分が異常なまでに突出していて靴によく当たって痛いと感じている方の場合、なかなか完治させることが難しい深刻な外反母趾になっている可能性があるので注意が必要です。
かなり悪化してしまうと大きく腫れあがって自力で歩けない状態になってしまうこともあるので、少しでも違和感を感じたり強い痛みが伴っている場合には、自分に合った靴選びを慎重にしていくことが非常に大切になってきます。
そして、選ぶ際にチェックしておきたいポイントに関しては、外反母趾の悪化がどれくらい深刻であるかについてでしょう。
触るとかなりボコッと突き出ていて大きく腫れている状態なら決して小さめのサイズを選ばないように心がけ、強く締め付けたりしないスニーカーや大きめのサイズを選ぶと悪化を防ぐことができるようになります。
また、女性の場合は外反母趾になりやすいパンプスは極力避けることも意識するようにしてください。

外反母趾の予防・改善に欠かせない靴選び

昔は外反母趾というと、中高年の女性ばかりがなる病気だと言われていました。
ところが現代では、女性も広く社会進出をするようになり、四六時中靴を履いて業務をするため罹患している方も増加をしました。
今現在はまだ外反母趾ではないけど、予防をして健康な姿を維持したいと思いませんか。
そのような方に向けたコツを、ここでご紹介をします。
まずは靴から改善をするのが賢明です。
足が長く見えるハイヒールを好まれるレディはとても多いですが、それが外反母趾の大きな原因となっているのは言うまでもありません。
つま先がとても細いので、全身の体重が一点に集中をするわけです。
改善としては普段から履き慣れているスニーカーをチョイスして、足の裏全体に体重を分散させることになります。
あまり見た目を重視したものは選ばず、実際のサイズよりも2つほど大きいものを購入して愛用をすることです。
あとは毎日指を広げるストレッチをして、予防ができます。

外反母趾でつま先をトントンする靴の履き方はNG

症状をこれ以上悪化させないためにも、靴をつま先で履かないようにするのは重要です。
主な理由として、靴を履いた際に必要とされる先端部の空洞である捨て寸が挙げられます。
この空間は人によって異なり、約5ミリから3センチまでと幅は広いです。
先端部を余らせて、かかとにフィットさせるのが正しい履き方となります。
つま先をトントンして履く、すなわち指を先端部に押し込める方法は自ら外反母趾の症状を進行させてしまいます。
自分で、指を変形させているのと同義です。
かかとで着地して、足先で地面を蹴るという動作を繰り返すのが歩行です。
これを補強する方法として、シューズの紐をしめることが挙げられます。
シューズの中で前に滑っていくのを防ぎ、かかとで履いて歩き続けることが可能です。
ポイントは足首付近をきつくしめるのではなく、足の甲部分を固定するように締めることです。
底の部分が横に広がってしまうのを防ぎ、外反母趾の症状の悪化を阻止してくれます。

外反母趾用の靴も年々おしゃれになっている

中高年になると、自然と身体に不具合が出てくるのは避けることはできません。
とくに最初に顕著となるのが全身の関節で、脚なら外反母趾という疾病があるわけです。
男性よりも女性に多くなっており、親指が内側に入り込む形になります。
初期の頃は痛みはありませんが、少しずつ激しい痛みになるので対応している靴を買い揃えるのが必須です。
以前は高齢者向けの地味な品物しかありませんでしたが、最近は外反母趾用シューズもおしゃれなものが多くなっています。
一例をここであげると、20代向けのムートンブーツやミュールと呼ばれるサンダルのスタイルもあります。
若い方でも外反母趾に悩まされる方もいるため、若年向けの靴もメーカーでは投入をしてきました。
一足あたり約8000円ほどと少しお高いですが、お出かけ用で4足程度を買い揃えていれば、外反母趾でもお出掛けがたのしくなります。
ネット通販でもあるので、一度は見てみるのも悪いものではありません。

外反母趾を予防しながら歩きやすさも兼ね備えるロッカーソールの靴

最近、女性の間で深刻な悩みとなっている疾病があります。
それは外反母趾であり、長時間の立ち仕事をされる方ほど罹患をされるようになりました。
まだ明らかな原因は解明をされておらず、完治を目指すのも困難と言われるわけです。
今現在、外反母趾で悩んでいる人は大勢いるでしょうが、どうしたら痛みを緩和することができるのでしょうか。
簡単にここでポイントをご紹介すると、靴の中にインソールを入れるのが効果的と言われています。
いろんな種類で販売をされる品ですが、なかでもロッカーソールというものは専門医も推奨をしているほどのものです。
つま先の先端にだけ入れるソールで、ハイヒールでも問題なく愛用が可能になります。
なぜ外反母趾に効果的なのかというと、体重がつま先にかかるのを分散できるからです。
外反母趾は長期間、つま先に体重がすべてのることで発症もしやすいため、予防策でロッカーソールを愛用するのも、とてもいい対策方法です。

外反母趾 通販に関する情報サイト
外反母趾の原因

外反母趾は、足の親指が小指側に間借り痛みが発生する症状で歩行に影響が出ることも多くなっています。色々な原因が考えられますが、合わない靴が症状を悪化させている可能性もあります。特につま先の狭いタイプや高いヒールのものは、症状を悪化させやすいので注意しましょう。症状を緩和させるためにも、足先に余裕がありサイズや足の形にぴったり合うものを選びたいところです。購入する前には、実際に試着もし違和感や痛みを感じないものを選びましょう。

Search